投稿日:

【読書好きな子どもになる!】現役国語教師が教える 「夏休みマジカル読書感想文講座」開催のご案内

「夏休みマジカル読書感想文講座」開催は来週です!

8月2日(水)9時~の開催となります。
まだお席ございますので、ぜひご参加ください!
 

「夏休みマジカル読書感想文講座」内容について


 
当日の内容についてご紹介します。
☆読書感想文を書きたいなと思う本を3冊ほどお子様に持たせてください。
 
当日は
・読書感想文の書き方を説明する。「読書感想文ってどう書くの?」
・読み語りをする。「100万回生きたねこ」または「おかあさん元気ですか?」
 こんな本でもいいんだよという一例として
・実際に本を選定する。
 持ってきた本が感想文にふさわしいか否かを1人1人相談します。
 持っていない人には手渡せる本を準備していきます。
・本の読み方、読み終わったあとのメモの取り方を説明する。
・(次回も参加希望のお子様には)次回までにやってくる課題(プリント「読書感想文メモ」)を説明する。
 
このような流れを予定しております。
講師の先生に加え、現役ライターもサポートに入り、丁寧に指導させていただきます。
 

小谷野弘子先生のおススメの本

※いい本はいろいろありますが、感想文を書きやすいものをあげてみました!
●『奮闘するたすく』(まはら三桃 著 講談社)
『こんぴら狗』(今井恭子 作 いぬんこ 画 くもん出版)
『ぼくとベルさん』(フィリップ・ロイ 著 岡田理絵 訳 PHP研究所)
『クニマスは生きていた!』(池田まき子 著 汐文社)
(以上は今年の読書感想文コンクール56年生課題図書です。)
 
ちなみにこんな本もおすすめします!
●『ハッピーバースデー』『イソップ』 どちらも青木和雄さんの著書。泣きます。そして考えさせられ、勇気が出ます。
●『カラフル』『つきのふね』 どちらも超人気の森絵都さんの本。「今の中学生の気持ち」にぴったり。『永遠の出口』 もおすすめです。
●『ナイフ』『エイジ』 重松清さんの本。日本の家庭・子どもの心の問題について考えさせられます。『きみの友だち』は泣けてそして心が温かくなります。
●『トットちゃんとトットちゃんたち』『弟の戦争』『ハンナのかばん』『ネルソンさん、あなたは人を殺しましたか』 世界中のいろいろな戦争と、人間・子どもたちの現実について考えてみませんか?衝撃的です。

 
楽しく書けるような講座になるようスタッフ一同準備しております。
ご参加お待ちしております!
お申込みはフォームからもしくは、メール(info@chiemo.net)まで

*なお、3年生だけど、、、という方はお問合せください。参加人数によって、お預かりできる場合もございます。